【大手企業から学ぶ】 Panasonicと三菱の経営理念を解説!

【大手企業から学ぶ】 Panasonicと三菱の経営理念を解説!

2023.08.01

経営理念とは、経営方針を示した文章です。起業したら、ほとんどの経営者が経営理念を考えます。大手企業Panasonicの創業者である松下幸之助も、経営理念を明確に持つことの重要性について語っています。経営理念のない会社は、経営の軸がないため、会社運営が思うようにできない可能性があります。

起業家の中には「何を参考にしたらいいのか分からない」「成功する経営理念の特徴ってなんだろう」と悩む人もいるでしょう。そこで今回は、起業支援のプロである私たち起業サポ視点から、2つの大手企業の経営理念を解説します!Panasonicと三菱の経営理念を知って、経営理念づくりの参考にしてみてください。

経営理念をつくる目的は?

大手企業ほど、しっかりした経営理念を持っています。社会に生き残るためにも、経営理念が必要ですし、他にも経営理念をつくる目的があります。

経営の指標を共有するため

経営理念をつくる目的の1つは、経営の指標を共有するためです。経営理念をつくったら、社内や社外に共有します。社員に共有すれば「何のために働くのか」「どんな行動が求められているのか」が伝わるでしょう。

Panasonic創業者の松下幸之助も「社長1人でワンマンすると失敗に終わると思います。全員の総意があってこそ成せることがあるのです」と話しています。何のために働くのかを社員に共有すると、経営者と同じ目標に向かって働けます。

企業のブランディングを強化するため

経営理念は、企業のブランディングを強化するものでもあります。つくった経営理念をホームページなどで社外に発信します。健全な経営理念をモットーに、会社経営していると伝われば、社外の関係者から信頼されるでしょう。

また、経営理念は他社との差別化がしやすいです。あなたの企業の特徴を、経営理念に反映できるのです。その特徴は企業の強みになります。商品に対する想いや、仕事の姿勢などの付加価値で、他社との差別化を図れます。

企業の考えに賛同した人材を確保するため

経営理念は、優秀な人材確保にも役立ちます。経営理念をホームページや求人で記載すれば、経営理念に賛同した求職者が集まります。経営者の考えた経営理念に共感した人は、入社後も企業の求める働きをしてくれるでしょう。

「Panasonicグループ」の経営理念

大手企業Panasonicグループ創業者の松下幸之助によると「創業者に求められているものは、しっかりした経営理念をもつこと」と話しています。そのため、Panasonicグループの経営理念には、多くの想いがのせられています。そんなPanasonicグループの経営理念は、綱領・信条・七精神・経営基本方針の4つの構成で成り立っています。

綱領では、Panasonicを創立したときの、創業者の想いが書かれているのです。その綱領では、こう書かれています。

「産業人たるの本分に徹し 社会生活の改善と向上を図り 世界文化の進展に寄与せんことを期す」
要約するとPanasonicグループは、よりよい商品とサービスで人々の生活を向上させ続けることに努力する、と書かれています。その商品を世界各地に広めて、分化社会を築くことを目指しています。

信条と七精神では、Panasonicグループの社員たちの心構えが記されています。

【信条】
向上発展は各員の和親協力を得るに非ざれば得難し、各員至誠を旨とし一致団結社務に服すること

信条を要約すると、社会の発展に貢献していくためにも、社員同士が信頼しあったチームワークが必要と書かれています。このことからPanasonicの社員は、お互いを理解して心を通わせることが求められていると分かります。大手企業ほど従業員が多いので、必然的にチームワークが重要になるのです。

【Panasonicが表明している七精神】
(1)産業報国の精神:掲げている経営理念の実現のために仕事をこなします。
(2)公明正大の精神:社会のルールや秩序を守り誠実な仕事をします。
(3)和親一致の精神:他の社員と一致団結して仕事をします。
(4)力闘向上の精神:どんな仕事でも努力と実施を重ねて前進し続けます
(5)礼節謙譲の精神:誰に対しても相手を尊重して仕事をします
(6)順応同化の精神:社会の変化に偏見を持たず本質を見極めます
(7)感謝報恩の精神:関わっている周囲の人に感謝の気持ちを持ちます

七精神では、Panasonicグループが求めている社員像が記されています。七精神を読むと、人間力が重要なことが分かります。Panasonicグループの経営基本方針は、綱領・信条・七精神を含めて、経営基本方針と定義されています。社員1人1人の意識の高さが、Panasonicを大手企業まで成長させたと言えるでしょう。
引用: パナソニック ホールディングス – パナソニックグループの「経営基本方針」

「三菱グループ」の経営理念

三菱グループでは、多数の事業を展開しています。三菱の事業は金融や食品、倉庫やITなどさまざまです。これら各事業で共通している経営理念が「三綱領(さんこうりょう)」。あらゆる事業を展開している三菱グループが、経営の基本としている理念です。

(1)所期奉公(しょきほうこう):事業の目的は社会貢献です。
(2)処事光明(しょじこうめい):社会正義をもって正々堂々と行動します。

(3)立業貿易(りつぎょうぼうえき):世界を視野に入れた事業展開をします。

これらの経営理念が、金融・食品・倉庫・ITなどの事業でも共通して掲げられています。所期奉公では、三菱グループのミッションは社会貢献すること。処事光明では、正義感をもってフェアな仕事ができる社員が、求められていることが分かります。立業貿易では、ビジョンとしてグローバルな事業展開をすると書かれています。その言葉通り、三菱は倉庫運営ノウハウを世界中に広めていますね。
引用: 三菱グループサイト 根本理念「三綱領」

まとめ

今回は起業支援のプロである私たち起業サポ視点から、大手企業の経営理念を解説させていただきました!大手企業の考えは経営理念に反映されます。より良い経営理念づくりのためにも、大手企業の経営理念の分析が大事です。Panasonicと三菱グループは日本を代表する大手企業です。ぜひこの記事を参考に、経営理念づくりをしてくださいね!

経営理念は、会社を成功させる鍵とも言えます。まだ経営理念づくりをされていない方は、ダメな経営理念について記載されている別記事をご覧ください。先に把握しておくと安心ですよ!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

起業サポでは、起業に必要な知識やスキルを身につけることができる起業塾「夢達起業塾」を開催しています。初めての起業を考えている方や起業してまだ数年という方まで、幅広い層に対応。講師陣は各分野の専門家で、実践的な指導を行います。
夢達起業塾では、「近年の経営環境とビジョン」、「お金のブロックパズルで経営数字の理解」、「良い理念と悪い理念」など、実践的な内容をカリキュラムに取り入れています。また、起業家に必要な考え方を学ぶワークもあり、より具体的なアドバイスを受けることができます。詳細は以下の申し込みページからご確認ください。

夢達起業塾夢達起業塾

起業サポ起業サポとは起業サポ

起業サポは、愛知県名古屋市の起業家支援団体。8名の専門家が、起業から軌道に乗るまでの支援をし会社経営に関わる全てのサービスをワンストップで提供いたします。創業融資・資金調達、会社設立、税務労務をはじめとした分野の専門家があなたの夢をサポートいたします。

起業サポ

無料で専門家にご相談いただけます!

私たちの使命は、起業家の夢を応援すること。
まずはあなたの想いをお聞かせください!!

お問い合わせお問い合わせ
  • オンライン相談会
  • 無料相談
  • 先頭に戻る
先頭へ戻る