起業サポ

IFA 金融商品仲介業とは?販売会社によるメリット、口座開設方法を解説

2020.10.09

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの竹内和也です。
今回は、昨今話題のIFA 金融商品仲介業について解説致します。

IFA 金融商品仲介業とは?

IFAは、Independent Financial Advisor の頭文字と取った専門家です。素直に訳すと独立した金融助言者ということになります。つまりどういうことを意味しているのかというと、従来の証券販売は、銀行や証券会社の社員が担ってましたがIFA 金融商品仲介業は銀行や証券会社などの金融機関から独立したプロの金融アドバイザーということになります。欧米では資産管理・資産運用のプロとして広く認知されています。

ここでは楽天証券 IFAの例を参考に解説致します。

ifa 流れ
出典: 楽天証券 サービスの特徴より

よくある質問のひとつにIFA 金融商品仲介業に証券購入を依頼すると、IFA 金融商品仲介業で証券口座を作るのか?ということがあります。図を見ていただくと一目瞭然かとは思いますが、お客様は、楽天証券やSBI証券等の提携証券会社に口座を開設していただき、IFA 金融商品仲介業は楽天証券やSBI証券等の提携証券会社の口座を使用し証券等の購入、運用、管理のアドバイスを致します。

IFA 金融商品仲介業で口座開設をするメリットは? 従来の販売会社との違いは?

販売ノルマがありません

従来の銀行や証券会社での証券購入においては、販売する側、つまり銀行員や証券マンは会社に所属しているため会社の利益のための営業が優先され、お客様の大切な金融資産のことは後回し。『今月はこの投資信託を売ってこい!』、『今期は数字が足りないからあといくら売ってこい!』と会社の方針に従ってお客様に対し証券商品販売を行ってきたことが多々あるとの話をよく耳にします。IFA 金融商品仲介業は、お客様の資産増大がIFA 金融商品仲介業の利益になるビジネスなので従来の販売会社のシステムとは大きく異なります。

ひとりのお客様にひとりの担当者

特に銀行で証券商品を購入された方の多くの不満として、購入時の担当者が転勤で連絡が取れなくなった。購入後、適切なアドバイスがない。ということが挙げられます。IFA 金融商品仲介業は、ひとりのお客様に対しひとりのIFAが専任担当として一生涯に渡りアドバイスを続けます。

販売商品の違いは?

IFA 金融商品仲介業が数多く提携を結ぶ楽天証券を例に説明いたします。楽天証券では、通常購入できる商品においてIFA 金融商品仲介業の担当が付くと『国内株式(立会外分売)、先物、オプション、海外先物、国内商品先物、FX、eワラント、金・プラチナ』の取引が出来なくなります。

※各証券会社において、内容が異なることが御座いますのでご注意願います。

金融庁から金融商品仲介業者一覧が公開されています。金融商品仲介業者一覧についてはこちらをどうぞ


損害保険損害保険竹内 和也

お客様それぞれのご意向に沿った損害保険の設計が得意です。損害保険会社9社の中からお客様のご意向に沿った保険会社選び、保険商品選びのお手伝いをさせていただきます。何か問題が起きてからでは遅い補償について私と共に考えていきましょう。損害保険のイメージが変わるはずです。

起業サポ

起業サポは、愛知県名古屋市の起業家支援団体。10名の専門家が、起業から軌道に乗るまでの支援をし会社経営に関わる全てのサービスをワンストップで提供いたします。

公式サイトを見る

起業サポの最近の投稿

起業サポのメンバーの投稿

  • 末松
  • 笹山
  • 宮本
  • 後藤
  • 小笠原
  • 篠田
  • 住田
  • 竹内
  • 松本
  • 大石

無料で専門家にご相談いただけます!

私たちの使命は、起業家の夢を応援すること。
まずはあなたの想いをお聞かせください!!

お問い合わせお問い合わせ
  • 無料相談
  • 先頭に戻る
先頭へ戻る