LINEでのお問い合わせ ID @gbt5520 24時間受付中
facebook
instagram

お知らせ

外国人を雇用したい場合に会社側として準備する書類とは?

2019/09/03

ブログ

こんにちは!

企業サポ 行政書士の後藤です。

今日は外国人を海外から呼んで雇用したい場合に、

入管に提出するための会社側として準備する書類についてお話します。

雇用のために外国人を海外から呼ぶときには、

就労系ビザの許可申請をするケースが多いです。

上場会社ではない場合には、

「給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」という書類の写しが必要です。

これは、

源泉徴収票や支払調書などを集約した書類で、

税務署に提出が義務付けられているものです。

多くの場合、税理士さんが持っていますので、

税理士さんにお願いして送ってもらいます。

電子申請により受付日の確認ができない場合には、

受付日の確認ができるメール詳細も必要です。

その他の書類は、

直近の決算書・会社の事業内容を説明する文書・雇用契約書等です。

外国人が就労系ビザを取得するためには、

会社の経営状態も審査を受けますので、ご注意ください。

行政書士 後藤剛志

起業サポ 起業家の夢をカタチに

カテゴリ

関連記事

外国人を雇用したい場合に会社側として準備...

09月03日

こんにちは!企業サポ 行政書...

働き方改革の準備は進んでおりますでしょう...

08月19日

こんにちは!起業サポ 社会保...

金融機関の企業評価(格付)

07月30日

こんにちは! 起業...

TOPへ